フィラリアは怖いけど飼い主次第で100%予防できる病気なんです!

処方箋の袋に入っている薬
いろんな種類の薬

フィラリアの症状

フィラリアは初期感染時はほとんど症状がありません。フィラリア菌の成長に従って少しずつ症状が現れます。愛犬の様子がいつもと違った場合は楽観視せずすぐに動物病院で見てもらうなどしましょう。

手のひらの薬

フィラリアの治療法

フィラリアの進行を許してしまった場合はいくつかの治療方法しかなく、絶対に完治すると断言できるものでもありません。その治療方法は犬の年齢や健康状態、病気の進行状態で変わってきます。

白い薬

フィラリアの予防薬

フィラリアには色々な予防薬があります。愛犬にあっているお薬を選んであげましょう。フィラリアの予防でなによりも大事なことは毎月決まった日に予防薬使って(与えて)あげることです。

どんな病気?

薬のイメージ

男性の切実な悩みであるEDですが今はこちらのサイトでバイアグラを通販で購入できるので悩みも解消できます。

ピルの製品情報が充実しているサイトがこちら。細かな効果を確認した上で買う事ができます。

愛犬家の方であればフィラリアという言葉を知らない方は少ないと思います。
しかし、なんとなくしか知らずしっかりとした対策を行っていないという方もいるのではないでしょうか?

フィラリアは飼い主の努力で100%防げる病気です。
厳密にいえばフィラリアの寄生そのものを防ぐわけではなく、寄生段階で死滅させ重症化させないという意味での予防です。

その予防方法をしっかりと把握しておきましょう。
フィラリアは蚊を媒介として感染している犬から感染していない犬へと感染します。

フィラリアの小さな幼虫は感染している犬の血液内に多く潜んでいます。その血液を蚊が吸うことで血と一緒に幼虫も蚊の体内に入ります。
その後、その蚊が健康な犬の血を吸おうと血管に接触することで体内のいた幼虫が逆に流れ込んでしまい感染していまうわけです。

これを根本的に防ぐためには『蚊に一切刺されない』ということになりますがこれは現実的ではありません。
人間にとっても蚊は様々な病気を媒体となっているので危険ですし、刺されることで痒くなるので好き好んで刺されるようとは思いません。
刺されないように対策もしますが蚊にまったく血を吸われずに夏を終えるなんてことはとてもむずかしいと思います。
少なくとも私はそんな経験はありません。寝ている間や気が付かない間でやはりやられてしまうのです。

そのため、フィラリアの予防は体内に入っているかもしれないという前提での対策になります。
フィラリアは寄生されてしまっても、1日や2日で対策しなければいけないものではありません。寄生してから成長するまでの期間があり、その成長期間中にお薬で死滅させるのです。

具体的には毎月同じ間隔でお薬を与えることです。
これを行うことでフィラリアが成長する前に死滅させ、重篤な症状になることを防ぐのです。

ただし、一番最初に予防薬を飲む際は注意が必要なので獣医さんに相談するようにしましょう!

血流を改善してくれるミオナールで肩こりや筋肉の疲れを癒してみませんか?

フィラリアの予防をしませんか?大切なペットの事を考えるならこちらのサイトを確認しましょう。

カプセルの薬

記事一覧

「フィラリアは怖いけど飼い主次第で100%予防できる病気なんです!」の記事一覧です。